SoundPEATS TrueFree+レビュー!格安ワイヤレスイヤホンの決定版

荒巻部長

こんにちは、イヤラボ管理人の荒巻です!今回は新しく購入したSoundPEATSの『TrueFree+』を徹底的にレビューしていきます!

実際に1週間使って気づいたこと、分かったこと、音質、使い勝手などなど、ピュアな感想をお届け。

SoundPEATSの『TrueFree+』を購入しようか迷っている方のために、少しでも参考になれば幸いです。

SoundPEATS TrueFree+レビュー!特徴とおすすめポイント

製品仕様
発売時期 2019年2月
連続再生時間 4時間
通信規格 Bluetooth 5.0
コーデック AAC・SBC
防水性能 IPX4

このイヤホンの特徴

  • 連続再生時間は約4時間
  • ケースと併用で最大35時間再生可能
  • Bluetooth 5.0搭載
  • IPX4の生活防水性能
  • どんな耳にもフィットする
  • 片耳でも使える
  • 動画再生時の遅延は少なめ
  • 音切れも少ない
  • 高音質コーデックAACに対応
  • クリアで重厚感のある音質
  • 自動ペアリング接続可能
  • 物理ボタン搭載

「TrueFree+」は中国のオーディオブランド「SoundPEATS」が販売する完全独立型のワイヤレスイヤホンで、「TrueFree」の上位モデル。前モデルには無かった「フタつき充電ケース」が付属する他、「音質」や「出音」の大きさ、「充電ケースのバッテリー性能」なども向上した。防水等級はIPX4で、雨や汗を気にすることなく使える。音切れや遅延も少なく、クリアで臨場感のあるサウンドが特徴的。ワイヤレスイヤホンが気になっている方の入門機としておすすめ。

TrueFree+開封レビュー

荒巻部長

それでは開封レビュー行ってみよう!

外箱の素材はダンボールで、今までのサウンドピーツ製品に比べややチープな作り。

箱を開けると、充電ケースが厚紙の型にすっぽり収まっていました。

内容物をチェック

荒巻部長

続いて、内容物を詳しく見てみよう!

内容物は主に5つ!

  1. イヤホン本体
  2. 充電ケース
  3. イヤーピース
  4. USB充電ケーブル
  5. 説明書類

①イヤホン本体

イヤホン本体の色はマットブラックで、丸みを帯びたフォルムが特徴的。カッコよさと可愛さを兼ね備えたデザインになっています。

②充電ケース

前作「TrueFree」には無かったフタがついた充電ケース。非常にコンパクトですが、ややプラスチッキーな作り。表面には縦のストライプ加工が施されています。

③イヤーピース(イヤーチップ)

交換用イヤーピース(イヤーチップ)は、XS,S,M,Lの4サイズが入っています。自分の耳に合わせてカスタマイズできるので嬉しい!

④充電ケーブル

一応、気持ち程度に充電ケーブルが付属しているものの、短すぎて使い物にならない。本体のコスパを重視した分、付属品はチープなイメージが拭えない。

⑤説明書類

説明書類は日本語に対応しています。ペアリング方法など細かく解説してあるので、初心者でも安心。

本体の質感や外観をチェック

荒巻部長

それでは本体を隅々までチェックしていこー!

フタが付いてる!!!

充電ケースは90度に開閉する上蓋が付いています。「そんなの当たり前じゃん」と思う方もいると思いますが、前作「TrueFree」にはフタが付いてなかったんです(笑)。これで落下しても本体に傷が付かないので、安心して持ち運べますね。

イヤホンが取り出しやすい

ケースから、イヤホンを楽々取り出すことができます。前モデルはめちゃくちゃ取り出し辛かったので、改善されて嬉しいです><!

逆さまにしても落ちない

イヤホン本体と充電ケースが、マグネットでしっかり吸着しています。逆さまにしても、激しく振っても落ちません。万が一、バッグの中でフタが空いてしまっても安心です。

物理ボタン搭載!(仮)

イヤホン本体のロゴマーク部分は「物理ボタン」になっています。プッシュする回数や秒数によって、音楽の再生停止、曲送り、曲戻し、通話応答、着信拒否、ボイスアシスタント起動など、様々な操作が行えます。

タップ操作方法
  • 再生&停止…ボタンを1回タップ
  • 曲送り…Rボタンを2回タップ
  • 曲戻し…Lボタンを2回タップ
  • 電話に出る…着信時にボタンを1回タップ
  • 電話を切る…通話時にイヤホンのボタンを1回タップ
  • 通話を拒否…着信時にイヤホンのボタンを1.5秒長押し
  • 音声アシスタント起動…イヤホンのボタンを1秒長押し
注意
音量調整は行えません

マスクと干渉しない

TrueFree+は完全独立型のワイヤレスイヤホンなので、マスクと干渉しません。イヤホンを装着したままでも、マスクの脱着が可能になっています。花粉症の人におすすめですよ!

ポケットにもスッポリ収まる(仮)

「TrueFree+」は驚くほど小型軽量設計になっています。ポケットにもこの通り、スッポリと収まります!

バッテリーインジケーター

TrueFree+には、充電の度合いがわかる2つのバッテリーインジケーターが付いています。

超小型軽量!片方わずか4.7g(仮)

  • イヤホン両耳→9.5g
  • イヤホン片耳→4.7g
  • 充電ケース→41.5g
  • 総重量→50.5g

質感と外観まとめ

TrueFree+の外観まとめ

  • 充電ケースにフタが付いた
  • イヤホンが取り出しやすい
  • 磁力強めのマグネットで吸着
  • 逆さまにしても落ちない
  • 物理ボタン搭載
  • ポケットにも収まる
  • 超小型軽量設計で持ち運び楽々

TrueFree+の音質は?

低音の量感や重たさもしっかりとあって、ボーカルは引っ込みすぎず、高域は出すぎてないので、バランスの良いゆったり聴けるサウンドだと思います。

TrueFree+は高音質コーデック「AAC」に対応しています。お使いの端末がAAC対応機種ならさらに高音質で音楽を楽しむことができますよ!

TrueFreeに比べ、低音・空間・キレが増した

TrueFreeとTrueFree+を比べてみると、低音の深み、中音域のキレの良さ、空間表現などが増し、より重厚感のあるサウンドに進化しているように感じます。予算4,000円で購入できる完全ワイヤレスの中ではトップクラスのサウンドだと思います。

また、前作の弱々しかった「出音」や「ダイナミクス」も強化されているので、喧騒の多い街中でも、適正音量で音楽を楽しむことが出来ます。

TrueFree+の連続再生時間は?

連続再生時間は約4時間で、充電ケースで充電しながら使えば、外出先でも最大35時間音楽を楽しむことができます。

TrueFree+の防水性能は?

TrueFree+は、雨や汗に強いIPX4の防水性能を搭載しています。天候や場所を選ばずどこでも使えます。

そもそもIPXとは?
IPXとは、防水構造の性能を表す等級のこと。ちなみにIPX4とは「あらゆる方向からの飛沫に対して保護する」と定義されています。

TrueFree+は動画再生時遅延する?

声が若干遅れて聞こえてきますが、値段の割には低遅延です。

1秒間を60フレームに分割した、音ズレチェッカーでテストを行ったところ、約18フレーム程の遅延が発生しました。

TrueFree+は、接続性の高いBluetooth 5.0に対応していますが、どうしても遅延は発生します。動画視聴時、少しだけ声が遅れてくるので、動画視聴には向いていないかも(使えないこともない)。

注意
今回のテスト環境はiPhone XSです。遅延は、接続機種・環境によって異なるので、あくまでも参考程度に。

TrueFree+は音途切れする?

音途切れはほとんど起こりません。たまに駅構内や混線する電車内で発生しますが、ストレスに感じるほどではないので、問題ないと思います。

TrueFree+のペアリングは簡単?

自動ペアリング接続に対応しているので、めちゃくちゃ簡単です!

TrueFree+は自動ペアリング接続に対応しています。1度手動でペアリングすれば、2度目以降はケースから取り出すだけで、ペアリングが完了します。

念の為一番最初のペアリング方法を解説しておきます。

手順1
ケースから本体を取り出す
 
手順2
Bluetooth接続画面を立ち上げる
 
手順3
SoundPEATS+Rをタップ
 
手順4
ペアリング完了!!
 

TrueFree+は片耳のみで聴ける?

両耳で再生する通常モードに加え、左右それぞれで再生可能な片耳モードを搭載しています。

TrueFree+のフィット感は?

フィット感は抜群によく、激しい運動をしても外れません。

TrueFreeは、人間工学に基づいたエルゴノミクスデザインを採用しているので、どんな耳とも相性抜群で、とても心地のいい装着感です。

TrueFree+が壊れた時は?

18ヶ月間のメーカー保証が効くので、初期不良や自然故障であれば、新品の製品と交換してくれます。

注文日から18ヶ月の間、製品に不具合と思われる事象が発生した場合、確認後、迅速に同一の新品と交換してくれる保証が付いています。

SoundPEATSはアフターケアがしっかりしていると評判のメーカーなので、安心して使うことができますよ。

レビューまとめ:格安ワイヤレスイヤホンの決定版

このイヤホンの特徴

  • 連続再生時間は約4時間
  • ケースと併用で最大35時間再生可能
  • Bluetooth 5.0搭載
  • IPX4の生活防水性能
  • どんな耳にもフィットする
  • 片耳でも使える
  • 動画再生時の遅延は少なめ
  • 音切れも少ない
  • 高音質コーデックAACに対応
  • クリアで重厚感のある音質
  • 自動ペアリング接続可能
  • 物理ボタン搭載

「TrueFree+」は、前作「TrueFree」から様々な面で進化を遂げた、格安ワイヤレスイヤホンの決定版だと思います。

価格は「Truefree」より、410円高い4,390円(税込)で販売中!

とにかくコスパが高い製品なので、完全ワイヤレスイヤホンを試してみたい方や、高級イヤホンのサブ機として使いたい人におすすめです!

「SoundPEATS TrueFree+」に関して質問や疑問がある方はコメント欄へどうぞ。管理人荒巻が、答えられる範囲内で答えます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です