SoundPEATS Q30レビュー!価格以上の重低音と圧倒的な性能でコスパ最強!

Q30を使うようになってから1週間、Q30にすっかり魅了されてしまった『イヤラボ』管理人の荒巻です。

通勤中の音楽再生にはもちろん、NETFLIXで映画を見る時にもQ30を使っています。僕は「AirPods」や「Zolo Liberty+ 」など、他にも数多くのワイヤレスイヤホンを所有していますが、それでも「Q30」を好んで使っています。

近年、Bluetoothを内臓するイヤホンの人気が高まっていますが、ワイヤレスイヤホンには「値段が高すぎる」と「連続再生時間が短すぎる」と言う悩みがつきものでした。Q30は、そんな不満を一蹴してしまう程の「性能」と「音質」を合わせ持つ、コスパ最強のワイヤレスイヤホンなんです。

この記事では、実際に使ってみて分かった「Q30」の魅力をご紹介していきます!

SoundPEATS Q30レビュー!そもそもQ30とは?

「Q30」は中国の老舗イヤホンメーカーのSoundPEATS(サウンドピーツ)が販売する左右一体型のワイヤレスイヤホンで、Amazonジャンル別売り上げランキング1位を獲得する大人気モデルです。

防水機能搭載で、連続音声再生時間が8時間と、数あるワイヤレスイヤホンの中でもTOPクラスの性能を誇り、3,000円台とは思えない重低音と価格以上の音質が人気の理由です。

開封してみよう

それでは開封していきましょう!

Amazonの箱が到着!

箱を取り出してみます。

パッケージはこんな感じです。3,000円台の製品とは思えないパッケージのクオリティ。

開封して見ると…

んんん?なんか入ってる!?

名刺?

プレゼントの箱?

プレゼント応募用紙が入っていた!

確認してみると「いつもありがとうございます。ささやかですが、感謝の気持ちを込めてプレゼントを贈ります。今後もよろしくお願いいたします」と書いてありました。

4つの中から1つプレゼント

裏面はこんな感じで、①miniSDカード、②レジャーシート、③USB扇風機、④トラベルポートの中から1つ選んで、購入コードと一緒にメールで送るとプレゼントが貰えるみたいです!

中身を確認!

⑴…イヤホン本体

⑵…USBケーブル

(3)…収納ケース

(4)…パッケージ

(5)…緊急連絡先

(6)…プレゼントのお知らせ

(7)…説明書

(8)…クイックスタートガイド

(9)…ケーブル留めバックル

(10)…コードクリップ

(11)…交換用イヤーフック

(12)…交換用イヤーピース

説明書はしっかり日本語に対応しているので安心です。

収納ケースもついているのでイヤホンを使わない時はバッグなどに収納する事ができます。

ケーブル留めバックルで長さを調節し、コードクリップで落ちないように服に固定しておく事ができます。ランニングをする人も安心!

Q30の外観チェック

ここからはSoundPEATS「Q30」の外観をチェックしていきます。

安っぽさを感じない上品な見た目

本体は安っぽさを全く感じさせない上品な見た目でかなり好感度が高いです。

シンプルでスタイリッシュなロゴ

筐体の裏面にはSoundPEATSのロゴが入っています。ロゴはシンプルでいい感じ。

マグネットを搭載

筐体にはマグネットを搭載しているので、左右が磁石でくっつく仕様になっています。これがかなり便利で、イヤホンを使わない時は、ネックレスのように首から下げておくことが出来ます。

イヤホンを分解

イヤホンはイヤーフックとイヤーピースの2つの部品に別れています。

交換用の部品も入っているので、自分の耳のサイズに合わせてカスタマイズする事ができます。イヤーフックが邪魔な人は取り外して使用することも可能ですよ!。

重さは約16g

リモコンとQ30の操作方法

リモコンはシンプルな作りで、曲の再生・停止、音量の上げ下げ、曲送り・戻しが可能です。中央の『▷ボタン』の横にはマイクも内臓しているため、ハンズフリー通話を楽しむ事ができます。音楽再生中に電話がかかってきた場合は、中央の再生ボタンを押すと通話状態になります。

Q30の操作方法
電源を入れる LEDランプが青色点滅するまで再生ボタンを5秒間長押し
電源を切る LEDランプが赤色点滅するまで再生ボタンを4秒間長押し
再生・停止 「再生ボタン」を1回押す
音量調節 「+」「−」ボタンを1回押す
曲送り・戻し 「+」「−」ボタンを長押し
電話を受ける 「再生ボタン」を1回押す
電話を拒否 「再生ボタン」を1.5秒長押し
Shiri(IOS)起動 「再生ボタン」を2回連続で押す

Q30の充電方法は?

リモコンの側面にUSBの充電ポートがあるので、電池がなくなった場合USBケーブルを差し込むと自動で充電が始まります。充電している間は『LEDランプ』が赤色に点灯します。充電が終わると青色に点灯するので、取り外してOKです!

LEDランプで確認できること

LEDランプの点滅状態でQ30の状態を見分ける事ができます。

LEDランプの表示 状態
点灯なし 電源オフ
赤色点灯 充電中
青色点灯 電源オン・充電完了
6秒間隔で赤色点滅 バッテリの残量が少ない
青色で2回点滅 リセット

装着感はどんな感じ?フィットする?

装着感はかなり良いです!イヤーフックが耳の溝に引っかり、走っても、頭を振っても外れることはありませんでした。耳に付けてるのを忘れるぐらい馴染むので、長時間の再生にも向いてます。今の所耳が痛くなったことはありません。

ペアリング方法は?簡単?

予想よりも簡単なペアリング方法

手順1
携帯とQ30を近づけます
手順2
LEDランプが青色に点滅するまで再生ボタンを3秒長押し
手順3
接続したい機器のBluetooth機能をONにし、「Soundpeats Q30」と表示されるまで待つ
 
手順4
「Soundpeats Q30」をタップする
手順5
ペアリング完了!

SoundPEATS「Q30」はBluetooth4.1を搭載しているため、自動ペアリング機能が付いています。1度手動で設定してしまえばあとは自動でペアリングしてくれますよ。

気になる音質は?

音質は想像よりも遥かに良く驚いています。実売価格4,000円以下ながら、解像感と重低音を重視した音質は、日本メーカーではもう追いつけない領域まで来ています。

とにかく重低音重視のドンシャリ系

Q30は重低音を重視しているので、バスドラムやベースにずっしりとした重さがあり、遮音性の高いカナル型のイヤホンが音の厚みを最大限に引き立てています。

中域は価格以上の量感があり、高域は派手で若干シャリつきがありますが音の輪郭はハッキリと感じます。ベースの足場がしっかりしてる分、迫力もあって聞いていて楽しいです!

インナーイヤー型のAirPodsと比べるのはあまり良くないですが、あえて比べてみると、音のクリアさと音の分離感ではAirPodsに負けています。ただ、迫力のある低音や音の奥行き感ではQ30に部があるように思います。

高音質のaptXに対応!

Q30は高音質な音声圧縮方式「aptX」に対応しているため、お使いの端末が「aptX」に対応している場合さらに高音質で音楽を楽しむことができます。

iPhoneは残念ながらaptX非対応なので若干音質が下がりますが、Androidだと「aptX」に対応した端末が多いです。Q30の購入を検討しているAndroidユーザーは自分の端末がaptX対応か確認してみましょう!

連続音楽再生時間は何時間?

約8時間10分も連続再生が可能だった

Q30は約8時間の連続音声再生が可能だと公式発表されているようですが、実際に8時間連続再生が可能なのか実験したところ、充電MAX状態から約8時間10分連続再生が可能でした!

これは再生音量や環境によっても多少前後すると思いますが、通勤や通学に使うだけなら2日は充電しなくても問題なさそう。

動画を見ている時に遅延はあるの?

遅延はほぼ発生しない

iPhoneとAndroid端末両方で確認してみましたが、動画を見ても気になる程の遅延は確認できませんでした。厳密に言うと0.1秒程遅れているような感じはありますが、全く気になりません。Q30はYouTubeやNETFLIXなどで動画を見るのにも適した端末だと思います。

音途切れは発生する?

ほぼ発生しない

人の多い駅構内や電車内で使用してみましたが音途切れはほとんど発生しませんでした。ごくたまに音途切れが発生しますが、発生したとしても0.5秒程の途切れなので特に気になりませんでした。

防水機能はどう?

シャワーに入っても問題なし

Q30はIPX6(あらゆる方向からの強い噴流水による有害な影響がない)クラスの防水性を備えているため、ランニング中に雨が降ってきても外す必要がありません。

またどこまで防水性があるのか実験するために、Q30を付けたまま試しにシャワーを浴びてみましたが、全く問題ありませんでした。勇気を出してイヤホン本体に直接シャワーをかけてみても全く問題なしです!

こんな経験初めてだったので、驚いた反面、音楽を聴きながらシャワーを浴びるというのはかなりの快感でした(笑)

注意
感電する恐れがあるため、良いこは真似しないでください

接続距離は?

5m程離れても接続可能

公式では10m離れた場所でも接続可能と書いてありますが、実際には、約5〜6m離れると接続が切れてしまいます。それでも5m以内ならiPhoneを置き去りにしたまま動き回ることができちゃいます。

Q30のまとめ

記事まとめ

  • 安っぽさを感じない上品なみため
  • マグネットを搭載しているので便利
  • 耳にフィットする装着感
  • リモコン操作可能
  • 重低音重視のドンシャリ
  • 高音質コーデックaptX対応
  • 8時間連続再生可能
  • 遅延がほぼ発生しない
  • 音切れもほとんど無い
  • シャワーを浴びれるほどの防水性
  • 5m離れてもペアリング可能

IPX6の防水性やマグネット搭載で連続音声再生時間が8時間とこの価格であり得ないほどの性能を誇るQ30。実際に使ってみても性能はまず間違いなく、音質も値段以上の価値があります。特に重低音が好みの方には絶対におすすめしたいですし、ワイヤレスイヤホンの入門機としてもおすすめですよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です