「EARIN M-2」レビュー!低遅延で音切れしない最高品質のワイヤレスイヤホン

荒巻部長

こんにちは、オーディオライターの荒巻です。今回は新しく購入した「EARIN M-2」のレビューをしていきます。

実際に「EARIN M-2」を1ヶ月使ってみて「分かった事」「音質」「遅延」「遮音性」「フィット感」などそれぞれの特徴を分かりやすくご紹介!

「EARIN M-2」を購入しようか迷っている方のために、少しでも参考になれば幸いです。

「EARIN M-2」レビュー!超軽量小型で低遅延

EARIN M-2の評価
高音域の質
(3.5)
中音域の質
(4.0)
低音域の質
(3.0)
解像感
(3.5)
装着性
(5.0)
遮音性
(4.0)
稼働時間
(3.0)
デザイン
(5.0)
ペアリング
(4.0)
総合評価
(4.0)
製品仕様
発売時期 2018年2月下旬
ワイヤレスイヤホンの種類  完全独立型
連続音楽再生時間 3〜4時間
通信方式 Bluetooth 4.2
コーデック aptX、AAC、SBC
防水 なし
ノイズキャンセリング なし
外音取り込み機能 あり
マイク あり(各2個計4個搭載)
急速充電 なし
ケースで充電できる回数 3回(充電しながら使えば最大約12時間使える)
充電時間   イヤピース約75分、充電ケース90分

誰もが憧れるワイヤレスイヤホン

機能をレビューする前にEARIN「M-2」について簡単にご紹介。

「M-2」はスウェーデン生まれのベンチャー企業・EARINが発売する完全独立型のワイヤレスイヤホンです。前作の大ヒット製品「M-1」からフルモデルチェンジを果たし、2018年の2月に発売されました!卓越したオーディオ品質や信頼性の高いワイヤレス接続技術は業界でもトップクラスの実力です!

VGP2019金賞受賞!

さらに国内最大級のオーディオグランプリ「VGPアワード2019」のBluetooth部門で金賞を受賞しています!

プロお墨付きのワイヤレスイヤホンなんですね〜

このイヤホンの特徴

  • 上品な音質
  • 音切れが少ない
  • 遅延もほぼ無い
  • 動画視聴に向いてる
  • 超小型軽量
  • 洗練されたデザイン
  • 遮音性が高い
  • タッチパネル搭載
  • 自動ペアリング機能搭載

小型軽量で洗練されたデザイン

とにかくまず最初に見て欲しいのは、この、小型軽量かつ洗練されたデザインです!

わずか3.6gと超軽量の小型ボディには、「タッチセンサー」「マイク」「バランスドアーマチュアドライバー」「ワイヤレス通信ユニット」など最先端技術が凝縮!

充電ケースは、片方がシェイプした筒型の形状で、高品位なアルミニウム素材を採用!手に持った時のズッシリくる重さと、光沢を抑えたマテリアルが、上質な存在感を放っています。

荒巻部長

EARIN「M-2」は本体から充電ケースまで妥協が感じられないデザインで、所有する喜びを感じさせてくれます。

ブラックとシルバーの2色展開

EARINは今年の2018年7月に、新色「シルバーグレイ」モデルを発表。ケースは高級感漂うシルバーのアルミニウム素材を採用。

筐体は白色のデザインとなっています。女性にもピッタリです。

荒巻部長

EARIN M-2はスーツのようなカチッとした服にも、カジュアルなコーディネートにも合うんですよね〜

最先端の技術を惜しみなく使用

EARIN M−2のボディは超軽量・超小型ながら、最先端の技術が惜しみなく使われています。

ノイズリダクション機能搭載

本機には、音声や映像に含まれるノイズ音を常時抑制し軽減してくれるノイズリダクション機能を搭載しています。

通話時には、周辺ノイズを下げ、相手の声はクリアに、こちらの声も明瞭に届くよう設計されているんです。

荒巻部長

このノイズリダクション機能がかなり優秀で、人混みで混雑する駅や街中でも快適に電話することが出来ました。

外音取り込み機能を搭載

M-2には外部の環境音を取り込んだり、取り込んだ音を調節する「トランスパレンシー」という機能を搭載しています。

M-2は遮音性が非常に高いため、外部の音が聴こえづらくなり、「インターフォンの音に気づかない」なんて事が多々あります。そんな時にこのトランスパレンシー機能をONにしておくと、音楽を聴きながらインターフォンの音にも気づく事が出来るんです。

また、「電車で音楽を聴きたいけど、アナウンスの声も聞き逃したくない」なんて時にもトランスパレンシー機能が有効です。

荒巻部長

イヤホンをつけたままレジの店員さんと会話する事が出来たのでかなり画期的!!

左右が関係ないので装着が楽

イヤホンを装着しようとした時に、L/Rの表示がないことに気づきました。驚いたことにM-2には左右の概念がないんです。

M-2は「モーション検出機能」を搭載しているので、イヤピースを耳に装着した際に内蔵のセンサーが働き、左右のポジションを自動検出してくれるんです。

装着する前にL/Rの確認が必要ないため、素早い装着が可能となっています。

タッチセンサー機能が便利

M-2の筐体表面はタッチセンサーが搭載されていて、タップの回数に応じて、「再生停止」「曲送り」「曲のスキップ」「通話応答」「Siri起動」などの操作が可能になっています。

このタッチセンサーが非常に便利な一方、困る事や残念な事もありました。

  1. センサーに触れて誤動作が起きる
  2. 音量の調節が出来ない

M-2は筐体がかなり小さいため、誤まってセンサーに触れてしまい、誤動作を起こしやすいです。イヤホンの脱着には少し慣れが必要かもです。

また、せっかくタッチセンサーを搭載しているのに、音量の調節が行えないので、音量調節は携帯から行う必要があります。

中音域が豊かで上品な音質

EARIN M2の音質は、良すぎる訳でもなく、悪すぎる訳でもなく、普通の音質です。

各帯域を簡単に説明すると、透明感があり伸びのいい高音域と、豊かで暖かみのある中音域、ややこもり気味の低音域といった感じでしょうか。

全体的なバランスとレスポンシブはむしろ良く、解像感も低い訳ではありません。

ただ、低域の出力に余裕が無いので、若干こもったように聞こえます。

EARIN M-2は「高音質を楽しむ」タイプではなく、「生活を豊かにする」ワイヤレスイヤホンだと思います。

音切れが少ない快適な接続性

ワイヤレスイヤホンといえば音が途切れる問題がありますが、EARIN M-2は『近距離磁気誘導(NFMI)技術』を採用しているので、「音途切れ」や「音の遅延」がほとんどありません。

実際にiPhoneXに接続して、満員電車や人混みの中で使用してみましたがほとんど途切れることはありませんでした!

遅延がないので快適に動画視聴できる

EARIN M-2は遅延がほぼありません。映像と音がしっかりシンクロしているので、快適な動画視聴やゲームプレイが可能です。

遅延の少ないワイヤレスイヤホンをお探しの方にはピッタリです。

超簡単自動ペアリング

EARIN M-2のペアリング方法は超簡単で、充電ケースからイヤホンを取り出すだけでOKです。

初期ペアリングさえ済ませば後は全て自動で行ってくれるんです。

曲の再生も筐体表面のタッチセンサーをタップするだけなので、スマホを開かずに曲を聞く事ができます。

最大4時間再生可能なバッテリー

EARINを代理輸入している業者の説明ページには、最大再生時間は4時間と書いてあったのですが、実際に試してみたところ3時間20分しか連続で再生する事ができませんでした。

僕の場合通勤や退勤の時に使うくらいなので、3時間程あれば十分すぎるぐらいですが、休日出掛ける時に途中で電池が切れてしまい、その都度充電ケースで充電しなければいけません。

もし、連続再生時間がもっと欲しい人は「AirPods」や「Bose SoundSport Free wireless headphones」「Jabra Elite Active 65t」などの5時間連続で使用できて、急速充電にも対応している製品がオススメですよ。

フィット感は良好!落ちる心配なし

 

気になるフィット感ですが、耳の奥までしっかりフィットするので、落ちる心配がありません。

ウレタン素材のイヤーチップが伸縮するので、どんな耳穴にも吸い付くようにフィットしますし、長時間つけていても痛くないのが嬉しいです。

防水性能は非搭載

防水性能は非搭載ですが、IP52相当の防汗防滴性能は備わっているみたいです。なので軽めのジョギングやウォーキングくらいなら使えると思いますが、スポーツに使用するのはあまりオススメ出来ません。

EARIN M-2は、通勤や通学、普段使いに適したイヤホンです。

遮音性は高く音漏れは気にならない

EARIN M-2遮音性はかなり高く、自宅で使っていると、インターホンの音に気づかないくらいは遮音してくれます。

音漏れもあまり気になりませんし、よほど大きな音を出さない限り問題ないです。

まとめ

良かった点

  • 音切れが少ない
  • 遅延もほぼ無い
  • 動画視聴に向いてる
  • 超小型軽量
  • 洗練されたデザイン
  • フィット感が抜群
  • 耳からの出っ張りが少ない
  • 遮音性が高い
  • タッチパネル搭載
  • 自動ペアリング機能搭載
  • どんなファッションにも合う

気になった点

  • 音質があまり良くない
  • タッチパネルに触れて誤動作する
  • 本体が小さすぎるので失くしやすい
  • 防水性能非搭載
  • もう少しバッテリーの持ちが欲しい
  • 発売から10ヶ月経った今でも人気すぎて値崩れしない

高級で大人なワイヤレスイヤホン「EARIN M-2」のご紹介でした。

いかがだったでしょうか?

僕は今まで相当数のワイヤレスイヤホンを使ってきましたが、所有していて一番ワクワクするのはEARIN M-2でした。

肌身離さず持っていたくなります。

プレゼントにもおすすめですよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です